ハウスダンスの衣装・服装の選び方!最新コーディネート付き

ハウスダンスの衣装・服装の選び方!最新コーディネート付き

ハウスダンスといえば、細かいステップやアクロバティックな動きなどが特徴です。

ハードに動くことの多いジャンルなので、衣装選びが少し難しそうに見られがちです。

しかし心配はいりません、自分のスタイルや理想のムーブに合わせて選べば衣装は必ず見つかりますので、今回のテーマを参考にして衣装を選んでみてください。

目次

ハウスダンスに必要な最低限の服装・アイテム

ハウスダンスは「トップス・パンツ・シューズ」の3点があれば問題ありません。

しかし、もっと上手くなりたい人やベストパフォーマンスを目指す人は「ソックス・アンダーウェア」にもこだわるようにしましょう。

ハウスダンスに必要なアイテム【トップス】

ハウスダンスはその他の HipHop とは異なり、少しラフなイメージが強いです。

シンプルな T シャツなどを用いている方が多いので、着飾りすぎない軽めのアイテムを選ぶようにしてください。

ハウスダンスに必要なアイテム【パンツ】

ダンス用パンツのシルエットは「ダボダボ」か「スリム」かで意見が分かれますが、ハウスでダボダボの衣装を来ている人は比較的少ないです。

パンツに重みがあると動きづらさを感じることもあるので、できる限り軽めで動きやすいアイテムを選びましょう。

ハウスダンスに必要なアイテム【シューズ】

シューズの好みは人によって分かれますが、ある程度の軽さがあるシューズがおすすめです。

素早い動きの多いジャンルなので、バッシュなどの重い(大きい)シューズだと疲れを感じたり、動きにくさを感じる可能性があるので注意しましょう。

ハウスダンスに必要なアイテム【ソックス】

ダンスのアイテムの中でないがしろになりがちですが、ソックスも重要な要素です。

特にハウスは足指のグリップ性が動きを左右するので、五本指ソックスを着用する人も多いです。

また、靴下破れ防止のために、ぶ厚めのソックスを選ぶのもミソです。

ハウスダンスに必要なアイテム【アンダーウェア】

ハウスは激しい動きを伴うので、大量の汗をかいたり、T シャツなどが捲れ上がる可能性があります。

特に汗をかくと服が透ける可能性があるため、地肌が見えたりアンダーウェアが見えることもあります。

アンダーウェアの有無によっては「みっともないダンス」になるかもしれませんので、透けても or 見えても恥ずかしくないアイテムを選ぶようにしましょう。

ハウスダンスの服装の選び方

動きやすいかどうか

ハウスダンスで一番気を付けたいのは「動きやすさ」です。

フォーマルな服装やスカートの場合は動きが制限される可能性があるので、ジャージや軽めのデニム・ワークパンツなどがおすすめです。

ダボ付く服装は踊りにくい可能性がある

HipHop といえばダボダボ衣装のイメージがありますが、House の場合は動きにくさを感じることがあります。

ルーズな服装だと House の足さばきや細かい動きが十分に生かせない可能性もあるので、あまりにルーズなシルエットは控えるようにしてください。

シンプル目なアイテムがおすすめ

小物やアウターなどをプラスしたい気持ちもありますが、ハウサーの間ではシンプル目のアイテムが好まれています。

T シャツ・パンツ・帽子などのシンプルなルックスで勝負するダンサーさんが多いので、あまり小物を足しすぎないのもポイントです。

ハウスダンスの服装選びの注意点

ハウスダンスはその他のジャンルと少々異なる衣装で踊られることが多いです。

衣装選びをミスしてしまうと浮いてしまうことにもなりかねませんので、ジャンルの違いについても理解しておきましょう!

ヒップホップなどその他ストリートダンスとの違い

House の最大の特徴は「ハウスミュージック」に合わせて踊ることです。

音楽性自体が衣装に直接作用することはありませんが、音楽に合わせて踊る「細かいステップ」が衣装選びの鍵となります。

先ほど解説したように、細かい動きや激しいムーブが多いジャンルなので、足の動きの妨げになるような服装は避けるようにしてください。

現役ダンサーに学ぶ最新ハウスダンス衣装 10 選!

T シャツ × パンツのシンプルコーデで”統一感”と”こだわり”をアピール!

シンプルな T シャツとパンツの組み合わせで踊る人も多く、シンプルコーデではあるものの、細身で統一されているという所にハウスダンサーらしさが出ています。

また、T シャツをインすることで個性的なイメージもアピールできます!

このコーデのおすすめアイテム

シンプルコーデは「ただシンプル」なだけではいけません。
各アイテムの細部や着こなしのこだわりで雰囲気が UP しますので、ダンサーさんのスタイルを参考にしてかっこいい衣装を目指しましょう。


レディースのチェックシャツがキレイ目な雰囲気


カジュアルなチェックシャツですが、組み合わせ次第でキレイ目なイメージで踊れます。

柄が目立つチェックシャツですが、ボトムスにシンプルなアイテムを選べばチェックシャツのイメージを抑えてキレイ目な雰囲気をアピールできます。

このコーデのおすすめアイテム

このコーデにはルーズなパンツが用いられていますが、動いたときの布に注目してください。

布の生地が薄めなので、動くたびに細かい揺れが生まれて躍動感あるムーブを演出しています。

布が硬くてぶ厚いと動きが制限されますので、ルーズな雰囲気が好きな人は「薄い布地」を選ぶようにしてください。


ハットを上手に使って、大人感を UP させよう


シャツ&パンツにハットを組み合わせることで、シンプルで落ち着きのあるコーデに仕上がります。

ハットをかぶるだけで大人びた印象を与えることができるため、しっとりした曲で踊る際におすすめです。

このコーデのおすすめアイテム

大人感を演出したいときはハット以外に「ベレー帽・ハンチング帽」などもおすすめです。
逆にキャップを着用すれば、アクティブで若々しいイメージを UP できますので、衣装の参考にしてみてください!


セットアップ、お揃いコーデがチームのキレイ目感 UP につながる


ハウスダンスは同じ振り付けを踊っていても、個人のニュアンスが違うことが多くなりがちです。

そこでセットアップコーデで揃えれば、一気にチームの統一感が増します。

完璧に揃えるのではなく、「セットアップアイテム以外は自由」という形にするとハウスの自由さも演出できます。

このコーデのおすすめアイテム

セットアップで揃えるときは「動きやすさ」をチェックしましょう。

セットアップスーツの場合は、動きにくくなるリスクもあるので、軽い素材(化学繊維素材など)を選ぶようにしましょう。


大きめサイズのトップスを取り入れたモノトーンコーデ


白系のトップスと黒のパンツでモノトーンに揃えたコーデです。

シャツを大きめなサイズにすることで、ステップの際に躍動感が増してかっこよくなります。

シャツと同色のキャップをかぶることで統一感が生まれ、まとまりあるコーデにも仕上がります。

このコーデのおすすめアイテム

大き目サイズのアイテムは躍動感が生まれるので、ハウサーの間で人気のアイテムです。
しかし、あまりに大きすぎると動きにくくなる可能性があるため、丈が長すぎるトップスは NG だということも覚えておきましょう。


メンズは正統派でキメる。セットアップスーツ × ハットの王道コーデ


ハウスダンス発祥の頃に正装とされていたコーデです。

単にスーツをセットアップできるだけでなく、ハットをかぶることでおしゃれさもプラス。
ジャケットを開けていることで、躍動感もプラスされ、おしゃれでかっこよく魅せられます

このコーデのおすすめアイテム

ハットのポイントは、コーデ全体に落ち着きを持たせることでもあります。
ラフな格好だと軽すぎる印象になりますが、ハットを被るだけで締まりが生まれるのがポイントです。


結果髪型がアクセントに!T シャツ × ジャージで人気のラフスタイルに挑戦


T シャツにジャージというラフなコーデですが、House ダンサーの間ではかなり人気な格好です。

特に adidas のジャージが人気で、定番の白ラインがステップの動きを見えやすくするという効果も期待できます。
髪型の自由度が高くなるので、個性的なヘアスタイルにも挑戦しやすいコーデですね。

このコーデのおすすめアイテム

ダンスシーンで人気のジャージパンツは House ダンサーからも支持を得ています。
adidas だけでなく、NIKE や PUMA のジャージなども動きやすいので、シューズやトップスに合わせてブランドを選ぶのもおすすめです。


パーカー × シャツの重ね着がダイナミックな印象を演出


パーカーの上にシャツを重ねるという、ヒップホップ感がある格好も人気があるコーデです。
上半身を大きく見せつつ、ボタンを開けたシャツで躍動感が演出できるため、よりダイナミックに魅せることもできます。

このコーデのおすすめアイテム

このコーデに挑戦するときは、パーカーとシャツのバランスを気にしましょう。
シャツは少し大きいくらいでも OK なので、大きく揺れるシャツでダイナミック感を演出しましょう。


すっきりロン T× ゆったりパンツ × ハンチング帽でメリハリのあるコーデに!


シンプルなロン T にゆったりとしたロングパンツを合わせるスタイルに、ハンチング帽を加えたコーデになります。
ハンチングを被ることでシャープな上半身になり、スマートなムーブを演出してくれます。

このコーデのおすすめアイテム

半袖は肌の色が目立ちますが、ロン T は肌が隠れるので、色の濃いロン T を用いれば上半身のトーンを落とすことができます。
色の濃いロン T にスリムなハンチングを合わせれば、上半身が少し細身に見えますので、細身シルエットが好きな人におすすめです。


決め手はクロップド。派手なシャツでも HOUSE の良さを引き出せる


派手なシャツを着ているからこそ、クロップド(七分丈)パンツの下から見える靴下が映え、ステップが見やすくなっています。
おしゃれな格好をするだけでなく、ステップが見えやすくなる格好として、クロップドパンツも人気があります。

このコーデのおすすめアイテム

シンプルな服装が好まれるハウスダンスですが、派手なアイテムが合わないというわけではありません。
もし派手なアイテムで踊りたいときは、その他のアイテムでバランスを取りましょう。
このコーデのように、クロップドパンツで足元を主張すれば、ダンスも映えるので、アイテム同士のバランスをチェックしましょう。

バスケユニフォームで HipHop 感をアピール


T シャツに大きめなノースリーブを合わせ、ダンサーらしい格好で動きを大きく見せたい方におすすめのコーデです。

このコーデのポイントは、ジョガーパンツで足元をアピールしている部分です。

そして、トップスとボトムスのカラーを合わせることで、コーデ全体に統一感も現れています。

このコーデのおすすめアイテム

バスケユニフォーム(ビブス)には、少しルーズ目なものも多いので、踊りにくくならないよう注意しましょう。

また、トップスにルーズな雰囲気を持たせたいときは、ジョガーパンツやクロップドパンツを用いれば足元がすっきりします。

こういったコーデを取り入れたいときは、上下のバランスを常に考えておきましょう。


ハウスダンサーに人気のアイテム

PUMA(プーマ) – Suede Classic(スエード・クラシック)

ハウスダンサーに愛され続けているシューズの 1 つです。

ハウスダンスをする上で重要な靴の中でも、靴底が柔らかくなっているため疲れにくかったり、細身のパンツにも合うということで重宝されています。

ハウスダンスを始めるタイミングで靴に迷ったらこの靴を買えば間違いなしです!

adidas Originals(アディダスオリジナルス) – トラックパンツ

スポーツウェアの王道ブランドである adidas のジャージは、耐久性も高くシルエットも計算されていてスタイリッシュです。

そこまで極端に細身な作りではないので、動きやすくコーディネートもしやすくなっています。

そしてアイコニックなサイドラインのおかげでハウスダンスの足さばきが綺麗見えやすいことから、衣装として用いているダンサーも多い定番アイテムとなっています。

ハウスダンサーに人気・おすすめのブランド

NIKE(ナイキ)

Adidas や PUMA と並んでダンサーに人気のスポーツブランドです。

トップスやボトムスだけでなく、シューズもハイスペックなことから、数々のハウスダンサーから愛されています。

ハウスダンスの衣装・服装の選び方 まとめ

ハウスダンスは HipHop ダンスと比較してラフなイメージが強いですが、ラフの中にもダンサーさんのこだわりが見え隠れしています。

シンプルなアイテムでは味気ないという人も、小物を活用すればイメージ UP できますので、好きなアイテムを取り入れてコーデを楽しみましょう。

人気記事

ストリート系女子をはじめよう!定番からお手本コーデ、最新人気ブランドまで

人気記事

ダンスで着るTシャツまとめ!おすすめブランドから簡単アレンジ術まで

ダンス ファッションカテゴリの最新記事