初めてのダンスコンテストに挑戦したい子は「DANCE START」を目指せ!

初めてのダンスコンテストに挑戦したい子は「DANCE START」を目指せ!

何をするにも「初めて」というのは緊張しますが、初めてのダンスイベントは特に重い緊張感に包まれます。ダンスのスキルを磨いたものの、どこで日頃の成果を試せばいいか分からないというビギナーダンサーさんもたくさんいらっしゃいますが、果たしてそんな都合のいいイベントはあるのでしょうか?

そこで今回は「初めてのコンテストに挑戦したい!」というキッズダンサーも安心して参加できるダンスイベントをご紹介します!

ビギナー向けコンテストの「DANCE START」とは?

View this post on Instagram

▼GRANDSOUL presents 「DANCE START」 @grandsoulmasa . キッズ部門?優勝? 【KRiES】‼️‼️ . . 「次のコンテストでは絶対に優勝もらってきます?」 と誓った3人? しっかり有言実行してくれました‼️ おめでとう?❤️ . . @grandsoulmasa2 始め、 ジャッジの方々、関係者の方々、 ありがとうございました?‍♀️✨ . . . #grandsoul #dancecontest #dancestart #kids #優勝 #1st #KRiES #クリエス #おめでとう #newATLANTiS #ニューアトランティス #あとらん

A post shared by newATLANTiS' (@newatlantis_) on


日本各地でダンスコンテストやバトルが開催されていますが、今回ご紹介する「DANCE START(ダンス・スタート)」は、初心者でも比較的参加しやすいシステムとなっております。

大きな会場で踊るのは怖いかもしれませんが、参加するのはみんな初心者なので、ダンスを高みを目指したいというダンサーさん必見のイベントです!
DANCE START - 公式サイト

なんで初心者におすすめなの?

初心者でも参加しやすいイベントは日本各地にありますが、ここからはどうしてDANCE STARTが初心者でも参加しやすいのかをご説明していきます!

また、公式ページでは参加条件などの詳細情報が記載されていますので、興味がある方はしっかりとチェックしてからエントリーするようにしましょう。

受賞歴のないチームに向けたコンテスト!

View this post on Instagram

本日は . Dance Start Dance Creation Dcategory . 審査員させて頂きました✨ . いつもジャッジの時は心の中で頑張れーっ‼️とエールを送りながら審査させて頂いてます✨ 今日も祈りながら誠心誠意ジャッジさせて頂きました?✨ . 見事!ファイナルの切符を手にした皆様✨ 本当におめでとうございます㊗️✨✨✨ ファイナルでも優勝出来るようにここから頑張って下さい✊✨✨✨ . 本当にジャッジをしていて、いつも思いますが、審査員が変わればジャッジも変わります✨✨✨ 結果は紙一重✨今回入賞出来なかったみんなも悔しいと思うけど、まだまだ神様が頑張れる事があるよと言ってくれてると思って、次に向けて頑張って下さい✨ . 私の中で、まだ荒削りで今回優勝やファイナルには進めなかったけど、この子のダンス、センス好きだなぁ✨と思う子も居ました? だから、今日のDcategoryの趣旨はとても面白いなぁと思いました✨ そちらの結果は後日発表という事なので、とても楽しみです?✨ . とはいえ、ファイナルに進めないとめっちゃ悔しいよね? 今日はいっぱい落ち込んでいっぱい泣いて 明日からまた前を見て力強く一歩前に踏み出してね✨ . 結果が全てでは無くて、挑戦する事、諦めない事、自分を信じて、自分のダンスを研究し続ける事で、ダンスもそして精神的にも成長出来る事が大切な事だと私は思います✨ . またみんなのダンスを見れる日を楽しみにしています✨ . 主催の @grandsoulmasa2 MASAさん 一緒にジャッジさせて頂いた @708_soulm8 なおやくん Takuくん MCの @nyan_clover しづにゃん . ありがとうございました??✨ . #groundsoul#dancestart#dancecreation#dcategory#kidsdance#dancecontest#原石#伸びしろ#成長#コンテスト毎年挑戦している常連のみんなも#コンテストに挑戦するのが初めての子も#いつも初見の気持ちでジャッジさせて頂いています

A post shared by Machi Seji (Nishino) (@machi318) on


DANCE STARTの特徴は「その他の大会で優勝歴のないチーム(ダンサー)」に向けられているのがポイントで、すでに受賞や優勝したことのあるチームは参加できない仕様になっています(過去の受賞歴によっては参加できるケースあり)。

強豪の多いダンスコンテストによっては初心者が参加しにくい事がありますが、参加しているのはビギナーに近いダンサーさんばかりなので、これから大会に出たいという場合にもおすすめです。

年齢ごとに部門が分かれている!

View this post on Instagram

. 6/30(日)スゴイ出来事がありました‼️? . 沙羅 D.START U12ソロ優勝?✨ D-category U12ソロ優勝?✨ Birthday U12ソロ準優勝?✨ させて頂きました。 . こんなに素晴らしい結果を残せて嬉しいです。 更に磨きをかけて行って欲しいです。 . MCの @mc_usk さん ジャッジの @grandsoulmasa2 さん @bafarin0311 さん @irimoya_taku さん KUROMAさん SAKUMAさん MAYUMIさん 一緒に応援してくれたお友達 ママ達 本当にありがとうございました?❤️ #grandsoul #dancestart #dancecreation #dcategory #birthday #kidsdance #hiphop #u12 #沙羅 #タグ付け失礼します?‍♀️

A post shared by Reiko Naoe (@rei.4f.406) on


ダンスコンテストの種類によっては年齢問わず混合しているケースがありますが、DANCE STARTでは「Kids部門(小学生)」「TEEN部門(中・高校生)」に分かれており、チームメンバーの年齢に合わせて出場部門が変化します。

「小学生のチームじゃ高校生に勝てない…」などと肩を落とす必要はなく、同年代の子たちと競い合うことができますので、キッズダンサー必見のイベントであるといえます!

まとめ

自分のスキルを上達させる喜びがあるのがダンスの醍醐味ですが、日ごろの成果を試すシーンが用意されているのもダンスの楽しみの一つです!これからプロダンサーを目指したい子や、もっと高みを目指したいという子はぜひコンテストに挑戦してみることをおすすめします!

カテゴリの最新記事