カラコン着用時の上手なメイク方法まとめ!メイクは前?後?正しい順番も紹介

カラコン着用時の上手なメイク方法まとめ!メイクは前?後?正しい順番も紹介

カラコンを買ってみたものの、「装着とメイクどっちが先?」「どんなメイクをしたらいいの?」などお悩みの方もいるかと思います。

今回はカラコンをしたメイクのやり方をカラータイプ別に紹介していきます。

カラコン着用とメイク、どっちが先?

カラコンの着用とメイクは、どちらを先にすべきなのでしょうか? 初心者にとっては、カラコンレンズを装着するタイミングも悩むところかもしれません。実は、先にした方がいいのは、カラコンの着用です。

カラコンはメイクの前に着ける

カラコンで変わった瞳の色に合わせて化粧しなければ、最終的に思ったような仕上がりにならない可能性があります。アイラインやアイシャドーは瞳の大きさや色に合わせて行った方がバランスの取れたメイクになります。なので、メイクをする前にカラコンの着用を済ませておきましょう。

メイク後に着けるデメリット

また、メイクを最初にしてしまうとまつ毛や瞼の化粧がカラコンについてしまったり、油分や粉のついた手でカラコンを触ってしまったりして眼の衛生上良くありません。手の汚れが目に入ってしまうと、眼の疾患につながる可能性もありますので、メイクはカラコンを付けた後に行いましょう。

カラー別!カラコン着用時のメイク方法5選

ここからは、カラコンのカラー別に、おススメのメイク方法を紹介していきます!

グレー系


日本人じゃないような瞳にできるグレー系カラコン。シェーディングで堀を深く見せたり、チークを縦に入れたりしてハーフ顔にしていきます。ベースは保湿クリームとコンシーラのみ。ベースを濃くしすぎないのが外国人風にするポイントです。眉毛は長めに、きりっと仕上げましょう。

メイクの手順

グレーカラコンに合うメイクのやり方を見ていきましょう!(ベースメイク後から)

眉毛、ハイライト

1.眉毛をいつもより濃いめ、長めに描く。
2.ノーズシャドーを入れて、堀を深くする。
3.ハイライトとしてスキンパウダーを顔全体に塗っていく。
4.茶色パウダーでシェーディング。

アイメイク

5.アイホールにベースアイシャドーを入れる。広めに。
6.赤色アイシャドーを二重幅に重ねて入れる。
7.下瞼にベースアイシャドーと同じ色を入れる。
8.ビューラーをかける。
9.マスカラをつける。
10.アイライナーを目尻に、上げ目に入れる。

チーク、リップ

11.オレンジチークを頬に縦に入れる。
12.アレンジ色のリップを塗る。

このメイクにおすすめのコスメ

1.Petie chou「ラスティング リキッドアイライナー ディープブラウン」


芯が硬くて書きやすいです。値段も 1,080 円と、コスパが高いアイテム。

2.セザンヌ 「ミックスカラーチーク コーラル系」


4色グラデーションが可能。混ぜても、単色でも使えます。塗るとつやが出て、素肌を明るく見せることができます。

ブラウン系


ブラウンカラコンは色素を薄くして、優しい印象に仕上げてくれます。メイクもナチュラルにが鉄則。今トレンドのハーフメイクにピッタリです。

メイクの手順

ブラウンカラコンに合うメイクのやり方を見ていきましょう!

アイシャドー

1.アイシャドー下地(ゴールド)を上瞼、下瞼に塗る。
2.アイシャドー(ベージュ)を目尻のくぼみに入れ、目頭に向け伸ばしグラデーションを作る。目頭の方は鼻筋まで、目尻の方がこめかみまで伸ばす。同じく下瞼にも入れる。
3.アイシャドー(濃い目のベージュ)を上瞼は目尻から黒目上までワイパーのように入れ、下瞼にも目尻から黒目下まで入れる。
4.アイシャドー(濃いブラウン)を目尻のまつ毛の生え際から目頭まで塗る。そのまま黒目外側から目尻の二重線まで、3で塗ったフチの中に色を入れ、下瞼にも色を入れる。塗った後はブレンディングブラシで境目をぼかす。
5.プリズムアイシャドー(コーラル)を上瞼全体に入れる。ブラシで全体の色を整える。

チーク、アイライン、マスカラ

6.チークカラー(白)を目頭に入れ、ベージュシャドーを下瞼に入れなじませる。
7.アイラインペンシル(黒)でインラインを描く。黒目上をしっかり目に。まつ毛の間を埋めていく。
8.アイライナーリキッド(ブラウンブラック)を入れていく。ラインは細め、目尻は太めに。
9.マスカラ下地、マスカラを塗る。

このメイクにおすすめのコスメ

1.CLIO「プリズムエアシャドウ」


どの角度から見ても美しく発色し、感触がプリプリしていて肌への密着感があります。

2.3 CE「ムードレシピ マルチ アイカラー パレット」


綺麗な発色の 9 色のパレット。粒子がソフトで付け心地もしっとりしています。

ブラック系


黒カラコンは清楚でガーリーなイメージを与えることができます。シックなメイクが合うので、モノトーンな服を着るときなどにおススメです。

メイクの手順

ブラックカラコンに合うメイクのやり方を見ていきましょう!

ベースメイク

1.メイクアップベースはじめに 5 点において、そこから伸ばす。
2.フェイスパウダーを付ける。

アイシャドー

3.アイシャドー(赤茶色)を二重の幅に乗せる。
4.アイシャドー(ブラウン)境目を伸ばすようにアイホール全体にのせる。
5.アイシャドー(ゴールド)を上瞼にのせる。
6.アイシャドー(赤茶色)を下瞼、黒目の下まで入れる。
7.アイシャドー(ブラウン)を下瞼全体に塗る。

アイライン、まつ毛

8.アイラインでまつげの際を埋める。
9.ビューラーでまつ毛を上げる。
10.アイライナー(ブラウン)を二重の線に沿って目の際から引く。
11.マスカラ(ブラウン)をつける。

眉毛、チーク、リップ

12.眉ペンシルで輪郭をとり、アイブロウパウダーで眉毛を描いていく。
13.眉頭に乗っているパウダーを伸ばしノーズシャドーを入れる。
14.チーク(ピンク)を小鼻の横に平行に入れる。
15.リップ(茶色っぽい色)を塗る。

このメイクにおすすめのコスメ.ブランド「商品名」

1.NARS「デュオアイシャドー」


超微粒子パウダーが上品な雰囲気を醸し出し、ヨレにくく美しいメイクを実現させます。

ブルー系


爽やかで綺麗な発色の多いブルーカラコン。最近はナチュラルな色味のものがとても増えています。アイシャドーのグラデーションを作って魅力的な目元を目指しましょう!

メイクの手順

ブルーカラコンに合うメイクのやり方を見ていきましょう!

アイメイク下地~アイシャドー

1.アイシャドー(自分の肌よりワントーン暗めのベージュ)で目尻側からクリースしていく。こめかみあたりまで優しくしっかりなじませる。
2.アイシャドー(マットブラウン)を目尻と目頭にのせる。
3.アイシャドー(テラコッタブラウン)を目尻と目頭にのせる。メインの色なので大胆に。そして目尻と目頭から放射線状にブラシでなじませていく。最後は眉尻あたりまで色を広げ、そのあと内側に色を広げる。
4.ラメ(ベージュ系)を指で黒目の上にのせ、中央を残し端の方をブラシでなじませる。
5.下瞼の目尻にアイシャドー(テラコッタブラウン)、真ん中から眼がしらにかけてはアイシャドー(マットブラウン)を入れる。

アイライン~マスカラ

6.アイライナー(シャイニーベージュ)を目頭から3分の1、そして目頭に「く」の字になるように入れる。
7.アイシャドー(マットブラウン)でアイラインを引いていく。生え際から丁寧に。
8.アイシャドー(ピンク)をしたまつげ生え際に塗っていく。これが色素薄い系になるためのポイント。
9.アイシャドー(白)を目頭、目頭3分の1に入れていく。
10.下地マスカラを塗る。
11.アイライナーを目尻から目の延長線に向かって描き、ブラシでなじませる。

仕上げ

12.マスカラを塗る。上は目尻だけ。
13.眉下にマットシャドウ(白)を入れる。
14.眉のカーブ部分にラメを入れる。
15.まつ毛の間をアイライナーでうめる。
16.ラインシャドウ上にダークめの色を重ね塗り。

このメイクにおすすめのコスメ

1.モーフィー「24 色アイシャドウパレット」


下地からラメまで色が揃っていて、これ1つで色々なバリエーションが楽しめます。

2.メイベリン「カラーショーライナー シャイニーベージュ」


発色がきれいで、一度使ったら他のものが使えなくなるほど描きやすいです。

グリーン系


グリーン系は大人っぽく見え、少しミステリアスな雰囲気を醸し出すことができ、モデルや女優の間でも人気です。

メイクの手順

グリーンカラコンに合うメイクのやり方を見ていきましょう!

下地 

1.おでこと目の下にファンデボリューマーを塗る。
2.目の下三角ゾーン、鼻にファンデーションを入れる。
3.ルースパウダーを軽くのせる。

アイメイク1

1.アイホールにアイベースを塗る。
2.瞼、涙袋にアイベースカラー(ゴールド)を塗る。
3.二重の幅にアイシャドー(濃い茶色)を塗り、ぼかす。
4.アンダー全体にもアイシャドー(濃い茶色)を入れる。
5.ビューラーをかける。まつ毛をできるだけ上にあげる感じで。
6.アイラインペンシルでインラインを描く。
7.アイライン(カーキブラック)を引く。目じりのみ、垂らすように。

アイメイク2

8.まつげ下地を塗る。
9.マスカラを塗る。ここでグリーンのマスカラにしても OK。

眉毛

10.アイブロウペンで眉尻の形を描く。
11.アイブロウパレットの色を眉全体にブラシで入れていく。

チーク

12.頬にオレンジのカラーを塗っていく。黒目の下から外側へ。
13.ピンクのパウダーを上から塗り、筆で伸ばしてコーラルピンクにしていく。

リップ

14.唇全体に色を入れる。
15.内側からグロスを塗る。

このメイクにおすすめのコスメ.ブランド「商品名」

1.loveliner 「リキッド カラーコレクション カーキブラック 」


珍しいカーキブラックのアイライン。少しだけ緑がかった黒色で他の子に差をつけましょう!

2.UPS「マルチクリーミーカラー オレンジ」


しっかり肌になじんで使いやすいチーク。鮮やかな発色で肌の雰囲気を明るくします。

カラコンメイクの注意点

カラコンメイクをする際は次の 2 つに注意しましょう。

1.ベースメイクは透明感を意識

カラコンをつけると顔全体の印象が強くなります。なので、全体のバランスをとるためにベースメイクはナチュラルに仕上げましょう。濃すぎると老け見えの原因になります。

2.アイラインを太くしすぎない

カラコンを付けたときは、ナチュラルさを保つためにアイラインは控え目に描きましょう。その代わり、アイシャドーはしっかり入れても OK です。

まとめ

カラコンをつけたメイクについて、やり方や色別の特徴などが分かったでしょうか? カラコンは最も手軽にイメージチェンジできるアイテムです。色によって雰囲気も変わるので、色々試してみると楽しいですよ! あなたもダンスの発表会やイベントでつけて、オリジナルのコーディネイトを楽しんでみてはいかがですか?

人気記事

ハーフ風カラコンおすすめ人気ランキング!衣装に・雰囲気力アップ

人気記事

【動画で紹介】ヒップホップダンスのメイクやり方まとめ!

ダンス メイクアップカテゴリの最新記事