beats(ビーツ)のおすすめワイヤレスイヤホン8選 おすすめのヘッドホンもご紹介!

beats(ビーツ)のおすすめワイヤレスイヤホン8選 おすすめのヘッドホンもご紹介!

「音楽は聞けるだけでも OK!」

世の中にはそんな甘い考えを覆すイヤホンが存在するのです。

数あるメーカーの中でも、高い音質と機能を有したメーカーが「beats」。耳に音楽を流すだけで、脳内に広がる立体感に支配されます。

音楽は聴くだけのものではありません、愉しむものです。今回は、トレーニングだけでなく、普段使いにもおすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介。今までのイヤホンと違うことを体感してみてください!

beats(ビーツ)って?

2008 年にアメリカの有名ラッパーである Dr. Dre(ドクタードレ)が設立したオーディオメーカー。広い音域の再現が売りで、中でも重く深い低音の表現に力を注いでいるようです。

ヒップホップシーンを盛り上げた Dr. Dre が立ち上げたこともあり、ダンサーからも熱い支持を受けています。

今では HipHop だけでなく、スポーツ・カジュアルユースにも使えるモデルが多数存在しているメーカーです。

beats(ビーツ)のワイヤレスイヤホンが人気な理由

何といっても beats の魅力は「音質」です。音質を大切にするダンサーのみならず、ミュージシャン達からも愛されています。

音質以外にも魅力的な部分が盛りだくさんなので、beats の魅力をご紹介していきましょう!

ダンス・スポーツに使える心強い設計&機能

耳から外れない密着度高めな装着が、動きを邪魔させません。また、外音をシャットアウトするノイズキャンセリング機能もあるため、ワークアウトにも没頭できます。

特にワイヤレスイヤホンは軽めな設計なので、疲労も感じず快適に練習を楽しめます。

美しい音質で音楽をサポート

音質にこだわりぬいていることから、高音質の虜になる人も。音楽を自動的に最適化してくれますので、心地のいい音色を奏でてくれます。

重低音響くダンスミュージック、ヴォーカルの美しい声色もしっかりサポート。どんな音楽にも対応できますので、ダンサーさんの個人練習用イヤホンにも多く見られます。

使い方も楽でストレスレス

アレコレ面倒な操作がなく、使い方もワンタッチ操作で快適です。ライトの赤白点滅でコンディションを知らせてくれますので、複雑な煩わしさもありません。

beats(ビーツ)のワイヤレスイヤホンおすすめモデル5選

beats「powerbeats pro」

きれいな音質と、安定性の高い着用がポイントのイヤホン。

安心の音質とノイズキャンセリング機能に加え、優れた耐久・耐水性も魅力的。スポーツにも使えるモデルなので、ダンス練習にもおすすめ。

激しい動きの中でイヤホンが外れるというリスクもないため、より快適なアクティビティを提供してくれます。

beats「powerbeats」

パワフルなバッテリーパワー(最大 15 時間再生)に加え、外れにくい構造が様々な運動をサポートしてくれます。

powerbeats シリーズの音質・ノイズキャンセリング機能もハイクオリティ。練習を妨げない心地いい音楽を耳に流してくれます。

5分間の充電で最大1時間の稼働が可能な充電力も魅力の一つ。

バッテリー・機能・音質のどれをとっても一級品なので、初めてワイヤレスイヤホンを買う人にもぴったりです。

beats「powerbeats3」

ダンス以外に、ランニングやトレーニングにもおすすめのモデル。

カナル型(耳掛け)イヤホンなので、運動時の揺れによる違和感も軽減。優れた防水効果で、急な雨や大量の汗にも心配無用。

タッチ一つで操作が可能なので、作業中の操作にもストレスを感じることはありません。

beats「beatsX」

高音質が保証されたコスパ優れるネックバンド型イヤホン。

beats の高音質が1万円以内で手に入るのが最大の魅力。重量も比較的軽く(21 g)、動きによる疲労を感じることもありません。

ダンス・スポーツにぴったりともいえるモデルなので、イヤホンデビューにも OK!

beats「beats Flex」

優れたコスパと、パワフルなバッテリー、高音質が魅力のワイヤレスイヤホン。

最大12時間の駆動と、高速充電で、長時間の練習にも難なく対応可能。コンパクトで軽めな作りなので、持ち運びにも便利です。

シンプルな見た目に反して音質もハイクオリティ。耳に広がる低音と広い音域は、ダンスミュージックを大いに引き立ててくれます。

beats(ビーツ)のヘッドホン・その他のモデル

beats「solo3」

高い機能と安心の音質がポイントのワイヤレスヘッドホン。

注目の低音だけでなく、ヴォーカルをはじめとした様々な音声を美しくチューニングしてくれます。また、外部のノイズをシャットアウトさせることで音楽の集中力も UP。

気になる操作も楽々なので、ペアリングなどの煩わしさも無し。より自由な音楽を生活に提供してくれること間違いなしです!

beats「beats studio3」

よりクリアな音声を楽しめるハイスペックヘッドホン。高いノイズキャンセリング機能により、外音のストレスを大幅軽減。音楽だけを楽しめる一人の空間を演出します。

広い音域を表現できることから、広がりのある立体的な音声に。「とにかく音質にこだわる!」という人にはベストマッチといえるヘッドホンですね。

beats「beats EP」

こちらのモデルは、有線接続によるヘッドホン。電池切れの恐れもないため、いつでもどこでもコード一つで接続が可能。

その他のモデル同様に、ボリューミーな音質に加え、高音にも対応した広い音域がポイント。お家での音楽再生、映画鑑賞などにもおすすめなので、練習用以外に自宅用として持っておくのもおすすめ。

beats(ビーツ)のおすすめワイヤレスイヤホン まとめ

音へのこだわりを追求した Dr.Dre によって生み出された beats。ダンスミュージックの低音が心地よく響くため、気分も爆上がり間違いなし。

音質の他に、動きを邪魔しない設計も魅力的。これなら明日からの練習の心強い味方になること間違いなしですね!

人気記事

SONY のおすすめワイヤレスイヤホン9選 ダンスに使える鉄板モデルはコレだ!

ダンス 他カテゴリの最新記事