【動画で紹介】ジャズダンスのメイクやり方6選 おすすめコスメも!

NO IMAGE

今回は”ジャズダンスのメイクのやり方がわからない”、”いつものメイクと何を変えたらいい?”、”いつもメイクが崩れてしまう”などのお悩みを解決し、誰でも簡単にできるジャズダンスのメイク方法についてご紹介していきます。

メイクのポイントやおすすめコスメなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

ジャズダンスのメイクのポイント

眉毛をしっかり正確に描く!

ジャズダンスでは前髪をあげて踊ることが多いと思います。そこで大切なのが眉毛をしっかり正確に描くことです。
日常的にはふんわり描くことが好きな方も、本番当日はしっかり遠くから見てもわかるように意識して描きましょう。

また、汗などで落ちないようにウォータープルーフのものや眉毛ティントなどを使うことがおすすめです。綺麗な形のままキープして本番を迎えましょう!

目元は発色の良いアイシャドウを使う

アイシャドウは衣装に合わせたカラーを使うこともあるかと思います。マットなものやラメがしっかりしたものを使うにしても発色の良いものを選びましょう。

遠くから見てもメイクしていることがわかるくらいいつもより濃く塗ることがおすすめです。こちらもアイシャドウベースなどを使ってアイシャドウの持ちをよくすることが大切です。

ハイライトとシェーディングをたっぷり使って立体顔を作る

ジャズダンスでは顔の向きやラインを大切に踊るので、どこから見ても美しい顔を作ることが大切です。

ハイライトとシェーディングを使うことによって顔を立体的に見せることができ、踊っている時も顔や表情をはっきり見せることができます!

ステージライトが当たる会場では、少量のハイライトでは光飛びしてしまうので、いつもよりたっぷり使うことがおすすめです。

おすすめジャズダンスメイク5選!

踊っても絶対崩れない! 最強メイク!

このメイクのポイント9つ!

・メイクの前に肌を冷やして毛穴を閉めてからメイクをする
・プライマーを使って肌の凹凸をなくす
・目元にもパウダーを塗り、まつ毛の生え際まで塗る
・メイクアップフィクサーをスポンジにかけてベースの上からぽんぽんする
・まつ毛の生え際からしっかりアイシャドウを塗って油分を取る
・マスカラをした後にマスカラフィクサーをつけてコーティングする
・眉毛は最初に油分をとってパウダーをしてからペンシルで描く
・マジックシーラーを使って眉毛もコーティングする
・リップは塗る前にリップマターを使って持ちをよくする

このメイクにピッタリおすすめコスメ

セルフビューティ ユニコニックエッセンスプライマー

ファンデーションをくっつける役割があります。汗をかいても崩れにくいベースメイクになるので、化粧崩れを気にせず思いっきり踊ることができますね ◎

rom&nd リップマター

リップの持ちをよくしてくれるものです。唇の縦ジワを埋めてくれる効果もあり、口紅の発色もさらによくなります!

表情が大切だからこそ押さえておきたい眉メイク!

眉毛の基本の書き方から眉毛の処理の仕方など徹底解説してくれています! 眉毛の濃い人も眉毛がなくて困っている人も必見です! 正しく学んで自信を持って眉メイクをしましょう ◎

このメイクのポイント9つ!

・人差し指で眉毛を抑え、はみ出た部分を眉カットバサミでカットする
・シェーバーを使って基本の形を意識して眉毛の周りを整える
・髪色に合わせてパウダーや眉マスカラのカラーを変える
・眉山を作り、耳の付け根に向かって眉尻を描く
・毛溜まりを避けてパウダーをのせていく
・眉毛の下のラインをしっかり描くことで眉毛をはっきりした印象にさせる
・眉頭は一番薄い色を使うことでぬけ感を作る
・眉マスカラは毛の流れに逆らって描き、仕上げは毛の流れにそって描く
・眉メイクは遠目から描く

このメイクにピッタリおすすめコスメ

shu uemura  カードリッジアイブローペンシル

なぎなた削りのペンシルは細い線を描きやすく、カラーバリエーションが豊富なのでヘアカラーやメイクに合わせた眉メイクができます!

FUJIKO  眉ティント

ペンシルやパウダーなど色々使うのが難しいと感じる方や朝そんな眉毛に時間をかけていられない! と言う人は「眉ティント」がおすすめです。

寝る前にお好みの形に眉毛を描き、朝起きてから乾いたティントを剥がすだけで自然に色づいていますよ ◎

汗や皮脂にも強いので本番の前日に行うのがおすすめです!

立体顔で顔のパーツを目立たせる!ハイライトの入れ方!

難しいテクニックなどはなく、ポイントを押さえて一工夫するだけで簡単に顔を明るく見せることができます。

さらに立体感を出すことができるので、顔のパーツも際立ち、遠くからでも表情が見えやすくなります!

このメイクのポイント8つ!

・目頭の凹んでいるところに塗ることで鼻が高く見え、目止めが近く見える
・鼻の横にも入れることで鼻を高く見せる
・眉上から眉山にかけて指一本分くらいの太さで入れる
・髪の毛の生え際少し下の中心に丸く入れることでおでこが立体的に入れる
・鼻の付け根から鼻先までブラシを使ってぼやっと入れる
・鼻先を軽く V の字に少し暗い色を入れる唇の山にも入れる
・顎に縦方向にブラシで入れる
・ほっぺの高い位置と眉尻の下の C ゾーンにも入れる

このメイクにピッタリおすすめコスメ

スリー シマリンググローデュオ

ハイライトとしてだけでなく、チークやアイシャドウ、シェーディングとしてマルチに使うことのできるアイテムです。

ピンク味のある方を使えば血色感を出すことができます。クリーミーなテクスチャーでありながら、塗った後パウダー状に変化するので化粧崩れの心配もないのでおすすめです ◎

RMK  グロースティック

スティックタイプで持ち運びやすいハイライトです。ほんのり色味のあるヌーディーカラーが肌に馴染みやすく、絶妙なツヤ感を演出してくれます。

デパコスでありながらも約 2000 円とリーズナブルなので初めてのハイライトにもおすすめです!

衣装に合わせたカラーメイクでおしゃれダンサーに!

衣装のメインカラーに合わせてメイクをすると統一感があって素敵ですよね! こちらの動画は MERZY の MALLOW TINT を使って赤・黄色・オレンジ・青のカラーメイクをご紹介しています。

このメイクのポイント4つ!

・リップと同じカラーのアイシャドウをアイホールと下瞼に塗って囲みメイクをする
・同じカラーのチークを丸く入れる
・ラメの足りない場合はグリッターアイシャドウを瞳の上に縦にのせる
・同じカラーのネイルをする

このメイクにピッタリおすすめコスメ

MERZY MELLOW TINT

動画でも紹介されていたリップティントです。ティントとしての持ちもかなりいいですし、発色もとても良いのでおすすめです!

Celvoke ヴォランタリー アイズ

カラーバリエーションが 30 色以上あり、しっとりとしたテクスチャーなので上品なイメージに仕上がります。大人な雰囲気のジャズに大活躍すること間違いなしです ◎

ステージ映えする華やかメイク!!

しっかりメイクをして華やかに見せたいという方必見です! メイクの工程が多いほど崩れやすいものですが、このメイクなら崩れません!!

このメイクのポイント6つ!

・目と眉毛の真ん中にダブルラインを引く
・赤などハッキリした色を目尻に入れる
・ダブルラインに繋がるようにアイラインを引く
・黒目の下からアイラインを引き、目尻は少し間隔をあけて描く
・グリッターを目頭からしっかり入れる
・チークはライトで白飛びしないよう、普段より少し濃いめのものを使う

このメイクにピッタリおすすめコスメ

三善 ツーウェイケーキファンデーション

スポンジに水をつけて塗るとカバー力抜群のステージメイクができ、水なしで日常メイクに使えるといったツーウェイのファンデーションです!

舞台用コスメブランドであり、持続性にも優れているため、崩れにくいのがポイントです!

peripera シュガートゥインクル リキッドグリッター

ラメが大きく、繊細なチップが使いやすいと人気のリキッドグリッターです。
目元にも使えますが、ネイルなどにも使うことができます。密着して長時間キープしてくれるので、ステージメイクにぴったりです!

メイクに合わせてトータルコーディネート

こちらの記事では、ジャズダンスでの衣装をご紹介しています! 衣装に迷っている方やもう少し衣装の幅を広げたいという方必見です!

衣装選びのポイントやおすすめブランドなど多数紹介されていますので気になる方はチェックしてみてください!

ジャズダンスの衣装おすすめ16選!選ぶポイント・人気の衣装アイテム・ブランド

ジャズダンスのメイクやり方 まとめ

今回はジャズダンスのメイクのやり方についてご紹介しました。ポイントを少し工夫するだけで、舞台での印象がかなり変わります ◎

工程の多いものから少ないものまで様々なバリエーションがありますので、自分ができそうなものや好みに合わせて取り入れてみましょう!

人気記事

ジャズダンスシューズのおすすめ9選! 選び方から人気ブランドまで

人気記事

ジャズダンスの衣装おすすめ16選!選ぶポイント・人気の衣装アイテム・ブランド

ダンス メイクアップカテゴリの最新記事