ミドルスクールとは?その特徴と歴史を紹介

ミドルスクールとは?その特徴と歴史を紹介

ヒップホップダンスを始めると、HIPHOPダンスの中にも様々な種類があることが分かると思います。その種類の分け方は主に音楽の時代別に分けるという方法。オールドスクールはその名の通り「古い」時代、ニュースクールは「新しい」時代、そしてミドルスクールはその「中間」といった、ざっくりとした時代背景によって分けられています。

ヒップホップ音楽は、その時代によって流行る音楽が違って、流行った音楽に合わせて流行りの動きや振り付けが出来上がり、踊られてきました。

ミドルスクールとは

ミドルスクールとは具体的には何年くらいの音楽なのでしょうか。オールドスクールは大体70~80年代後半の、ディスコが流行っていた時代。

ストリートダンスのジャンルで言うと、ロッキングやポッピング、ブレイキングなどダンスが流行っていたころ。そしてミドルスクールはその次の80年代後半~90年代にかけてを指すことが多いです。そして2000年代~のニュースクールへと変わっていったのです。

日本のストリートダンスにおける造語

実は海外で「ミドルスクール」というダンスジャンルはありません。HIPHOPダンスで「ミドルスクール」という概念があるのは日本だけなのです。日本で「ミドルスクール」として知られている踊り方は海外ではそれほど主流でなかったり、ざっくり「オールドスクール」と一緒にまとめられします。

海外で「ミドルスクールを踊っています」というと、何のことだか通じないので要注意。日本で言うミドルスクールというダンスのジャンルは、海外ダンサーの間では「オールドスクールHIPHOP」と言われることが多いです。

ミドルスクールダンスの特徴

ミドルスクールダンスとは、そんな「ミドルスクールHIPHOP」音楽が流行っていたころに出来たステップで踊るダンスです。グルーヴやノリ中心に、足のステップが中心の動きが多いです。

オールドスクールとミドルスクールの違い

オールドスクールから移り変わる以前はクールなラップに合わせてゴールドのネックレスや指輪をつけたラッパーがオラオラしながら強さやいかつさを見せつけるような音楽が中心でした。それに合わせてダンサーもウェーブやヒットなども織り交ぜながらイカついギャングスタや不良のような動きを見せつけるようなものが多かったですが、90年以降はパーティーで仲間とワイワイ楽しみ、時間や空間を共有する音楽やダンスに変わっていきました。

オールドスクールとは?ヒップホップダンスにおける歴史や特徴を紹介!

ミドルスクールの代表的なステップ

次に、ミドルスクールの代表的ステップをいくつか動画で紹介します。

ランニングマン

その名の通り「走っている人」のように見えるこのステップは、ミドルスクール王道の動きです。初心者はまずはこの動きから練習してみましょう。

動画で学ぶダンスステップ「ランニングマン」!基本の踊り方から

ロジャーラビット

ウサギのように飛び跳ねるようなこの動きは、ダンスレッスンや発表会でもよく使われます。こちらの動画で動きをチェック!

動画で学ぶダンスステップ「ロジャーラビット」!初心者におすすめ。アレンジも紹介

ロボコップ

ロボットのようにカチカチとしたこの動きは、大勢でやると迫力が出てカッコいいです。止がポイントの動きです。

バートシンプソン

EXIELEやDA PUMPなどの振付やPV等でもよく見かけるこのステップ。進む方向を変えながらアレンジを加えるとカッコよくできます。

ペパーシード

腕を完全に脱力し、手をムチのように使って体に巻きつけるように動かす動き。

パーティマシーン

足を外へ蹴り出して踊る賑やかなステップ。力強い動きがポイントです。

スティーブマーティン

アメリカのコメディ俳優「スティーブマーティン」の動きを真似して出来たステップ。

ブルックリン

手と足を大きく使って踊るとカッコイイ、HIPHOPダンスの定番ステップです。

動画で学ぶダンスステップ「ブルックリン」!

バタフライ

元々レゲエダンスの動きだったバタフライ。蝶々のように足をヒラヒラ開閉させる動きです。

ミドルスクールダンスに合う曲

ミドルスクールダンスの練習や発表におすすめの5曲を紹介します!

Heavy D.& the boyz「Now that we found love」

ニュージャックスイング時代に大ヒットしたこの曲。今の40~50歳の大人にとっては非常に懐かしく、記憶に残ってる方も多いのではないでしょうか。

Def Jef 「Droppin Rhymes On Drums」

早いリズムに合わせて素早くステップを刻む、足さばきやミドルスクールの楽しく身体を思い切り動かすダンスを味わうのにぴったりの一曲。

Bobby Brown「My Prerogative」

ニュージャックスイング時代の歌って踊れるボーカルBobby Brownの曲。ダンス力強いボーカルと、弾むようなリズムを聴くと今にも踊りたくなりますね。

TLC「Ain’t Proud 2 Beg」

世界的な人気を誇った女性グループ、TLC。ノリノリのリズムに合わせて元気よく踊ってみましょう。

Kris Kross「Jump」

元気なラップに合わせてランニングマンやブルックリンなど定番のステップを踏みたくなる1曲。衣装もばっちりヒップホッパーらしくきめたいですね。

まとめ

ミドルスクールについて、どんなダンスや音楽があるのか詳しく知ることができましたか?ニュージャックスイングを中心に、現代のHIPHOPダンスにつながる重要な時代であるミドルスクール。カッコいい曲やダンスのステップは、他にもたくさんあります。興味を持ったら是非アーティスト名や年代で曲を掘ってみたり、ミドルスクールのダンスレッスンに行ってみましょう。詳しくなればなるほど、あなたのダンスにも磨きがかかるはずです!

人気記事

ヒップホップダンス衣装11選!最新ステージ映えコーデから初心者向けテクまで

人気記事

【2020年最新】ヒップホップ系人気ブランド16選|今ダンサーにキテるブランドは!?

人気記事

ニュースクールとは?歴史やオールドスクール・ミドルスクールの違いをレクチャー

ダンス 他カテゴリの最新記事