動画で学ぶダンスステップ「ロジャーラビット」!初心者におすすめ。アレンジも紹介

動画で学ぶダンスステップ「ロジャーラビット」!初心者におすすめ。アレンジも紹介


ヒップホップダンスをする上では外せないステップ「ロジャーラビット」。独学でダンスを学んでいる方、レッスンでやってみたけどイマイチうまくできないという初心者へ向けて、やり方とコツを基礎から紹介していきます。

ロジャーラビットとは?由来・歴史を紹介!

ところで、ロジャーラビットと言う動きの名前は一体どこから来たのでしょうか。それはその名の通り「ウサギ(ラビット)」の動きからです。ウサギが跳ねるような見た目のステップなので、こういった名前がついたようです。

1990年代に流行った「ニュージャックスイング」と呼ばれる音楽の中でよく踊られ、PVやライブを見た人たちが真似をして世界へ広まりました。ヒップホップダンスだけでなく、ハウスやロック、ブレイクダンスでも使える便利なステップです。

動画で学ぶ「ロジャーラビット」基本編

まずは動画を見て、ロジャーラビット基本を学びましょう。1つ1つ動きごとに動画を静止して確認してから、動きを流れでやってみましょう。コツさえつかめば簡単にできますよ!

ロジャーラビットの基本動作

ロジャーラビットは後ろから片足を蹴りだす動き。左右交互に動かします。

1.左足に重心をのせ右足を伸ばして左足の後ろへ回し込む
2.右足を床につけると同時に左膝を曲げ左足を前へ上げる
3.右足に重心をのせ左足を伸ばして右足の後ろへ回し込む
4.左足を床につけると同時に右膝を曲げ右足を前へ上げる
5.あとは1~4の繰り返し。

コツと注意するポイント

以下の点に気を付けましょう。

後ろに伸ばす足を旋回させる

片足を後ろへ回すときに、後ろへ回す足は延ばして半円を描くように軸足の後ろへ持ってきます。この、足を旋回させることが、ロジャーラビットを綺麗に見せるコツです。

1.後ろから回した足を着地させる時、前の足を同時にはじき出す
うしろへ回した足を着地させるとき、前に合った軸足を同時にはじき出します。このタイミングが、リズムよくロジャーラビットを続けるコツです。

2.アップの準備を忘れずに
ステップの一番最初、エンドカウントでアップし、後ろへ足を伸ばします。この準備ができるかどうかでリズムがつかめるかどうかがきまります。カウント「1(ワン)」から入るのではなく「&1&2&3(エンド ワン エンド ツー エンド スリー)…」と「&(エンド)」を大切にして数え、ステップに入る予備動作をしっかり意識するとうまくいきます。

ロジャーラビットのアレンジ

動き自体は同じでも、リズムやアクセントを変えると違う雰囲気になります。ここでは一度覚えたロジャーラビットに少し変化をつけて踊ってみましょう。

上体の動きを足してみよう

胸を使ってダウンしたり、足を引くときに片方の肩を下げたりすると動きに立体感が出てさらにカッコよく見えます。

ハウスのリズムでクール&おしゃれに

ハウサーのロジャーラビット。足の着地とはね上げをスムーズに行うのがポイント。リズムに変化がつけられると慣れた感じが出てカッコいいですね!

後ろに蹴り下げるロジャーラビット

ハウスのビートでよく使われるロジャーラビットの応用系。後ろへ足をけり下げるときに軸足をホップさせるのが特徴です。

ロジャーラビットはどんな曲に合う?

跳ねるような動きが特徴のロジャーラビットがカッコよくきまる曲を紹介します。

1.Every little step/Bobby Brown

90年代に流行ったニュージャックスイングの曲。当時ニュージャックスイングというダンスをブレイクさせた歌手のボビーブラウンが、PVの中1:55から、ロジャーラビットを行っています。リズムに合わせて、まるでバネのよう身体を弾ませて動いています。ロジャーラビットの原点と言えるこの曲に合わせて踊れば上達すること間違いなし!

2.Is it good to you/Heavy D &The boyz

こちらも、ニュージャックスイングの曲で、ロジャーラビットの跳ねるような動きにピッタリです。動きは、左右シングル(1回ずつ)で行うのに慣れてきたら、シングル(1回)、シングル(1回)、ダブル(2回)とリズムを変えて行ってみましょう。

3.Back to life/Soul ⅡSoul

こちらははっきりしたリズムとミステリアスで綺麗なメロディーが特徴的な曲。上半身をリラックスして胴体や腕を滑らかに使ったりして動きとマッチさせながら踊ってみましょう。

4.Take it to the floor/B2K

2004年公開の大ヒットダンス映画「ユー・ガット・サーブド」のサウンドトラックで、様々なジャンルのダンスで使われました。リズム感やグルーヴ感がロジャーラビットのステップ練習にもピッタリです。

ロジャーラビットにおすすめのダンスシューズ・服装は?

「ロジャーラビット」は足を付け根から大きく動かす動きです。練習する際は股関節やひざでつっかえない、伸縮性のある生地のパンツがおすすめです。

また、跳ねるような動きに合わせて躍動感が感じられるダボつきやヒラヒラのあるトップスを着るのもおすすめ。衣装次第で動きがさらに素敵に見えます。

1.ベーシックカーゴパンツ
股上が浅く美脚効果大のカーゴパンツ。軽くて動きやすさも抜群です。

2.迷彩カーゴパンツ
様々な色のバリエーションから選ぶことができます。発表会やイベントで役立つこと間違いなし。

3.ロゴTシャツ
オーバーサイズで着こなすのがカッコいいろごTシャツ。サイズが豊富で大人から子どもまで着ることができます。

4.ドルマンTシャツ
ゆったりサイズの肩開きドルマンTシャツは、ガールズダンサーにおすすめ。動きがセクシーで上品に見えます。

まとめ

ダンスステップ「ロジャーラビット」のやり方はマスターできましたか?「ロジャーラビット」はストリートダンスの中でも最重要ステップの1つです。はじめは少し複雑に感じますが、慣れてしまえば簡単!この機会にアレンジも覚えて自分なりのカッコいい魅せ方を見つけてみましょう!自信をもって音楽を感じて全身で動けば、あなたのダンスが輝くこと間違いなしです!

人気記事

動画で学ぶダンスステップ「ボックス」!初心者におすすめ。アレンジも紹介

人気記事

動画で学ぶダンスステップ「スポンジボブ」!ポップコーンとの違いや練習方法を紹介

ダンス レクチャーカテゴリの最新記事