ダンスが上達する筋トレメニュー6選! 家でできる方法・グッズも

  • 2021.01.23
ダンスが上達する筋トレメニュー6選! 家でできる方法・グッズも

「ダンスに筋トレって必要?」

ダンサーの間では、筋トレの有無は賛否が分かれる意見ですが…。筋トレはダンサーにとって嬉しい効果が期待できるのはご存知でしょうか?

ダンスに使える筋肉を鍛えることで、スキルアップに繋がります。日々の練習に加え、毎日できるトレーニングを続けることで、知らぬ間にダンスの上達に繋がるのです!

そこで今回は、お家でもできるトレーニングを始め、ダンスに役立つ筋肉を育てるメニューをご紹介!

筋トレをする前に覚えておくこと

ただ鍛えればいい訳ではない

筋トレが必要だからといって、何も考えずトレーニングすればいいというわけではありません。

筋肉疲労でダンスが辛くなる可能性もあり、逆に筋肉がムーブの妨げになるということも考えられます。

ダンスは全身の筋肉を使うため、全身をハードに鍛えがちですが、バランスのいい筋肉を付けていくのがミソ。バキバキな筋肉というよりは、しなやかな筋肉を付けるのがポイントなのです。

効果的なトレーニングを見つけること

筋トレをする時は、「どこの筋肉を付けたい」「何に役立てたい」というのを明確にするのがポイント。

今の自分に不足している筋肉や、苦手な動きに使う筋肉を補う形でトレーニングをすれば、より効果的なワークアウトを実現できます。

まずは「インナーマッスル」のトレーニングから

何を鍛えればいいかわからないときは「インナーマッスル(体幹)」を鍛えることから始めましょう!

体幹とは「腹・腰・胸・太腿・肩」などの、身体の幹となる筋肉の事を指しています。ほとんどのジャンルの動きで使うといっても過言ではない筋肉で、動きの基礎となる筋肉です。

ダンスレッスンの一部に用いているプロ講師も多く、ダンス練習の一つとも言えるトレーニングといえます!

ダンスが上達する筋トレメニュー3選

ダンスのキレをUPさせる体幹トレーニング

ダンサーにとってキレッキレなダンスは夢のような存在。キレのあるダンスを目指したい人におすすめのトレーニングです。

主にお腹・お尻の筋肉を育てるトレーニングで、ヒップホップダンスを始め、様々なジャンルで役立つのが魅力的です。

体幹トレーニングなので、身体にかかる負担も少なく、ダンス初心者にもおすすめ。5分で実践できるトレーニングなので、このトレーニングから始めてみるのもアリですね!

筋トレは不要!?アイソレーションで鍛えよう!

ダンスの基礎ともいえる「アイソレーション」も重要なトレーニング。身体の一部分だけを動かすテクニックで、ほぼ全てのジャンルに必要であるともいえるトレーニング。

主に胸・腹・腰などを鍛えるトレーニングで、練習前に10~30分するだけでも、上達の手助けになります。

ハードなトレーニングではないものの、練習を続けるうちに可動域が増えるのが実感できるため、初心者さんにはぜひ実践してほしいトレーニングです!

器具いらずの万能トレーニングメニュー

ダンス用の筋トレの中には、器具が必要ない簡単トレーニングがたくさんあります。

このトレーニングは、腹筋・腕・足回りを中心に鍛えられるトレーニング。ステップやポーズに必要な筋肉をバランスよく鍛えることができます。

リズムに合わせて鍛えるメニューなので、リズムトレーニング・有酸素運動にもアリ。ちょっとした練習前のアップにもおすすめなので、練習に取り入れるのもOKです!

家でもできる筋トレメニュー3選

シックスパックは誰もが憧れるスタイル!?

ダンスをするうえで、きれいな身体を作るのも大切です。ダンス衣装でお腹をセクシーにアピールできれば、スキル・ルックス共に完璧になること間違いなしですね!

このシックスパックトレーニングは、ちょっとした空き時間でもできるトレーニングで、腹筋を重点的に鍛えられます。

腹筋はダンスの動き全般に使う筋肉なので、付けておいて間違いはない筋肉。ダンスのパフォーマンス・ルックスUPに効果的なので、基礎トレに入れておいて損はありません!

このトレーニングにおすすめのアイテム

もっと色々なトレーニングをやりたい人、ハードなワークアウトに挑戦したい人は、メディシンボールを使ったトレーニングがおすすめ。

動画内でも紹介されている「ウィンドシールドワイパー」や「ロシアンツイスト」等に使えるアイテムで、手・脚に持つ(挟む)ことで、さらなる負荷をプラスできます。

身体にかける負荷をUPさせれば、従来の方法よりも高い効果が期待できますので、もっと高みを目指したい方は、これを機にGETしてみては?

お家で出来るきれいな身体作りはコレ!

こちらは、コンテンポラリーダンサーさんが紹介するトレーニング。全身のインナーマッスルを満遍なく鍛えられる、総合的な筋トレです。

コンテンポラリーに必要な筋肉も、ヒップホップに役立つため、筋力UPだけでなく、美しい身体作りを目指したい人も必見です。

また、ダンス用だけでなく、運動不足解消も期待できます。動画内では、コツも丁寧に解説されているため、初心者にもおすすめです。

このトレーニングにおすすめのアイテム

トレーニングするときに気になるのが「フロアの滑り・音」ではないでしょうか?

トレーニング中は思った以上によく滑り、音が鳴るので、フロアマットを用意したいところです。

マットの中でも特におすすめなのがヨガマット。吸音・耐衝撃効果があるため、アパートで筋トレするのにもおすすめです。

機能性の高さから、トレーニング用にヨガマットを使う方も多く、トレーニング前に揃えておけば、ストレスなく筋トレに励めます!

初心者必見!お家でもできるアイソレ練に注目!

アイソレーション練は、広いスペースや器具が必要ないので、どんな場所でも気軽に実践出来ちゃいます!

動画内では胸を動かすアイソレーションが紹介されており、アドバイスが分かりやすく解説されています。単純な動きではあるものの、料理・家事をしながらでもできるのが非常に魅力的!

腹部のインナーマッスルUPのほか、ムーブの可動域も広くなるため、初心者には嬉しい恩恵がたくさんあります!

このトレーニングにおすすめのアイテム

ダンスの練習には鏡が重要。ただ、自宅で使うには場所が嵩張る上に、重たいのも考えモノですね…。

そこでおすすめなのが、割れない鏡こと「リフェクスミラー」。リフェクスミラーは軽いうえに割れる恐れがないので、キッズダンサーや女性にもおすすめです。

このリフェクスミラーは、適度な大きさがある上に、壁掛け型なので、壁を傷つけることなく自宅で練習出来ちゃいます。鏡で自分のシルエットをチェックするのは重要なので、練習前に手に入れておきたいところですね!

ダンスが上達する筋トレメニュー まとめ

ダンスの上達に近道はありません!日々の努力こそが最大の近道ともいえます!

ダンスには筋トレが必要ないという声があるものの、工夫一つでダンス上達に早変わりします。自宅のトレーニングでも効果が期待できるため、反復練習でダンススキルをアップさせちゃいましょう!

人気記事

これで初心者卒業!キレッキレのダンスを踊る11のコツ

人気記事

ダンスに筋トレは必須?! メリットやトレーニングメニューを紹介

ダンス レクチャーカテゴリの最新記事